臨床工学技士がストレスを感じる原因は?現役CE直伝の3つの解決法

こんばんは、臨床工学技士のmochiです!

世間的に今は、ストレスフル社会となっていますよね。

仕事や職場、将来やお金、生活の悩みなど様々です。

臨床工学技士もストレスを感じやすい職業です。

悩んでる人
臨床工学技士が抱えやすいストレスにはどんなものがあるのかな?

そこで今回は、臨床工学技士として10年働く私が、

  • 臨床工学技士がストレスを感じる原因
  • 効果的なストレス原因の解消法

について解説していきます。

mochi
興味がある方はぜひ最後まで見ていって下さい♪
スポンサーリンク
目次

臨床工学技士がストレスを感じる原因

臨床工学技士が感じるストレスの原因として、

  • 人間関係のトラブル
  • 仕事の責任が重すぎる
  • 仕事が忙しすぎる

が挙げられます。

mochi
以下の記事で、ストレス原因とストレスの解決法を解説していきます!

人間関係のトラブル

どの仕事も人が関わっている限り、人間関係での悩みは尽きないものです。

臨床工学技士においても、人間関係での悩みからくるストレスは大きいです。

元々、男性が多い職業であり、歴史も浅く知名度の低い臨床工学技士を率先して牽引していた世代は仕事を見て覚えるのが常であり、命に関わる職業なためピリピリしていた現場が多くありました

昔は、仕事でのミスがあると患者さんの目の前でも怒鳴りつけたり、暴言を吐かれることも日常茶飯事だったようです。

mochi
以前は上司から叩かれたり、物を投げられたりしたこともあったと先輩から聞いたことがあります。

今では世間的にも職場の環境改善について重要視されているので、大分見直され指導方法も時代に合わせて変わってきています。

ただ、男性が多い職業なのでどちらかというと体育会系になりやすく、上司や先輩が厳しいと感じることがあるかもしれませんね。

また、患者さんとの人間関係もトラブルになりがちです。

こちらの記事でも患者さんとの人間関係について書いてあるので、よかったら見ていって下さい♪

仕事の責任が重い

臨床工学技士の仕事は生命維持管理装置の保守・点検・管理ですが、患者さんの命に関わる重大な職業です。

そのため、責任重大であり、常にある程度の緊張感を持って仕事をこなします。

知識や技術が身についてきて、慣れることで仕事へのプレッシャーは落ち着いてくるものですが、普通の会社員と比べると、臨床工学技士の仕事の責任感は高いと言えるでしょう。

そういったことも臨床工学技士にかかるストレスの原因になります。

仕事が忙しすぎる

臨床工学技士の仕事は不規則なことが多いです。

夜間帯や当直、オンコールなどの勤務があると、働く時間もバラバラで睡眠を決まった時間にとることもできません。

今日が何曜日だったか時間間隔が狂ってきたり、寝る時間帯が違ってくるので、良質な睡眠が取れなくなることもよくあります。

mochi
ひどい人だと不眠症に悩まされることも!

また、患者さんの緊急治療で予期せぬ残業ができたり、機械トラブルのメンテナンスをするために皆が帰宅する中で職場に居残りしたりと、残業がたくさんある職業ですね。

また責任が重い仕事な割に給料のベースが安いので、残業で稼ぐようになることが多いのも原因の一つです。

そのようなこともあって、臨床工学技士は仕事が忙しくストレスを抱えやすくなっています。

効果的なストレス原因の解決法

ストレスや悩みは軽い場合と重い場合があると思います。

軽いストレスの場合は、一日寝ればケロッと忘れることもあるし、頑張った自分へのご褒美に美味しいスイーツや高級料理を食べに行くことで、満足して悩みも吹っ飛ぶこともあります。

そのような自分のメンタルを改善するストレス発散方法だとその他に、

  • スポーツ・筋トレなどの運動
  • エステや岩盤浴、美容院などのリラクゼーション
  • 友人と遊ぶことや家族とのふれあい
  • 自分の趣味に没頭する

などたくさんありますね。

悩みやストレスが重い場合には、そのストレスになっている原因を自分で把握して知る必要があります。

その原因をそのままにしておくと、上にあげた発散方法ではあくまで一時的にすぎず、またストレスがかかることになります。

mochi
そこで、効果的なストレス原因の解決方法をご紹介します。

人間関係の悩みはしかるべき人に相談する

人間関係で悩んでいる場合は、一人で抱え込まず周囲の頼れる人にまず相談して下さい。

アドバイスをしてくれたり、時には職場で味方になってくれます。

人間関係のトラブルになった時、どうしても人に気軽に相談できないような悩みの場合は、

など様々な無料でできる労働者の相談窓口があります。

mochi
周りに頼れる人がいなくて、困っている人はこのような相談機関を利用するのもいいでしょう。

休暇申請をとる

仕事が忙しくてストレスを解消する暇がないなら、思い切って長い休暇をとりましょう。

心が追い込められていると視野が狭くなり、解決の糸口も見つけられません。

耐えすぎずに、早めに休暇申請するのがいいと思います。

メンタルの不調がひどく、仕事や生活に支障をきたすなら、心療内科や精神科に受診し診断書を書いてもらい休職をとりましょう。

mochi
仕事やお金も大事ですが、まずは自分の身体をご自愛して下さい。

職場環境を変える

通勤や人間関係や仕事内容など、今の職場環境が辛いのなら、職場の部署異動や勤務体制を変えてもらうよう進言してみましょう。

退職しない方向で解決できるのが一番手っ取り早く、楽ではありますが、もしそれでもだめなら転職をして職場環境を変えるのもいいと思います。

どの職場も人間関係や仕事の辛さはあるでしょうが、元の職場で辛かったことと比べると大したことないやと思えるかもしれません。

mochi
自分自身で何を一番優先するかを決めて、職場を選びましょう。

人間関係は色々あるので確実なことは言えないですが、自分の知り合いのツテ使って入職をすると、職場に知り合いもいるので人間関係もスムーズいくことがありますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ストレスを抱えすぎて、ストレス原因も解決されずにそのままにしておくと、うつ病になりやすく仕事にも支障がでます。

うつ病になると視野が狭くなり、どんどん思考がマイナスに偏り負のスパイラルに陥ります。

そのような状態になる前に、定期的にストレス発散をし、ストレスの原因が分かるなら解決できるように努力するといいと思います。

mochi
放置しすぎず、自分が限界になる前に、自分自身を大切にするよう心がけましょう。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる